初心者にもわかるFX(外国為替証拠金取引)スワップ金利生活

初心者にもわかるFX
(外国為替証拠金取引)
スワップ金利生活




FXスワップ金利生活 TOPページ > FXと外貨預金の違い

FXと外貨預金の違い

最近、円高によって外貨預金が人気のようですが、
FXと外貨預金の違いを知れば、FXがどれだけ有利な外貨建て金融商品なのかわかるはずです。
ここでは、FXと外貨預金の違いについて説明していきます。

 FXは少ない資金で取引ができる

外貨預金では、1米ドル=100円の場合、1万米ドルの外貨を買うためには100万円が必要です。
FXでは、取引を始める場合、最初に預ける証拠金の最低額は5〜10万円程度。
この10万円の証拠金を担保にして(FX業者によって差はありますが)1〜100倍の取引ができるので10万円で100万円分の外貨を取引することも可能です。

少額の資金で大きい取引をしている場合は、利益も大きい分、損益も大きくなるので、
そのリスクを理解したうえで運用することが大切。
もちろん10万円で10万円の外貨を取引することもできます。(この場合レバレッジは1倍)

 FXは外貨預金より手数料が安い

外貨預金では、米ドルを円に交換する場合、
1ドルにつき片道1円、買いと売りの往復で合計2円の為替手数料を取られます。
2円というとそんなに高くないような気がするかもしれませんが、
1ドルに対する為替手数料なので、1万ドルの取引になると2万円にもなります。
これは全部銀行の儲けになっているんですよ。

FXでは、この為替手数料がとても格安なんです。
FX業者によって多少の差はありますが、
高めの手数料を取るところでも、片道10銭、往復20銭ぐらいです。
中には、手数料0円(無料)というFX業者もあります。

外貨預金の手数料2万円とFXの0円。これはすごい違いです。

 FXは24時間取引ができる

FXは24時間いつでも自由に決済をすることができます。

それに対し、外貨預金の場合は、必ず期間が設定されているので、
その期間が終わるまでは、原則として解約できないといった制限があります。
途中解約しようとすると利率が下がったり、解約手数料が必要になります。

 FXは円高でも利益が狙える

外貨預金は、「外貨を買う」ことから取引が始まるので、
購入時点で円安になっていて、これから円高が進むと考えられる状況の場合は、
外貨を買っても、為替で損をする可能性があります。

とろこがFXの場合は、「外貨を売る」とから取引を始めることもできるので、
円高が進んでも一定の利益を得ることができるんです。
「高いときに売っておいて、安くなったときに買い戻す」ことによって、
為替差益を得ることができます。
円高局面でも利益を得るチャンスがあるのも、FXのメリットのひとつです。

 FXは業者が破綻しても資産の安全性は確保される

外貨預金は預金保険の対象外なので、もし外貨預金を利用している銀行が破綻した場合、
預けていた預金が戻ってこない可能性があります。

それに対し、FXは「預金」ではなく、通貨を売買する「金融商品」なので、
よほどのこと(国がなくなるとか)が無い限り、お金の価値そのものがゼロになることはありません。
FX業者が破綻した場合でも、信託保全しているFX業者であれば、資産の安全性が確保されます。
信託銀行から原則として全額返還してもらえます。


FXがどれだけ有利な金融商品か、わかってもらえたでしょうか?
FXをレバレッジ1倍でやれば、少なくとも外貨預金より1円でも多く
利益を得られることは事実だと思います。

少ない資金で何倍もの取引をするのに不安があるのなら、
まずは、レバレッジ1倍でFX取引を始めてみてください。






Copyright (C) 2008 初心者にもわかるFX 外国為替証拠金取引 スワップ金利生活 All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO