初心者にもわかるFX(外国為替証拠金取引)スワップ金利生活

初心者にもわかるFX
(外国為替証拠金取引)
スワップ金利生活


FXスワップ金利生活 TOPページ > レバレッジとは

レバレッジとは

FX取引でよく耳にするレバレッジ。直訳すると「梃(テコ)」のことです。

FXでは、取引をはじめるにあたってFX業者に証拠金を預けます。
証拠金を担保にして、外貨の売買に必要な資金を借り入れて投資をするんですが、
この取引金額と証拠金の割合(倍率)をレバレッジと呼びます。

レバレッジを活用することによって、少額資金で大きな取引ができるので、
自分の元手以上の収益を生み出すことが可能なんです。

たとえば、10万円の証拠金を預けて1万米ドルを買うとします。
1ドル=100円だとした場合、
10万円の元手で100万円相当の外貨を買うことになります。

この取引のレバレッジは、
100万円(取引金額)÷10万円(証拠金)=10倍
となるので、レバレッジは10倍ということです。

この効果はすごいんですよ。
もし、ここで1ドル=110円まで円安が進んだとします。
取引金額100万円が110万円になるんですから、10万円の為替利益がえられるということです。
元手は証拠金として納めた10万円なので、利益率は100%にも達します。
これがレバレッジ効果の魅力です!

ただし、レバレッジ効果は同時に、リスクも増えるんです。
1ドル=100円で米ドルを買って、その後、1ドル=90円まで円高ドル安が進んだ場合、
先ほどの例えとは逆に、損失額が10万円になってしまいます。

まぁ、実際はここまでの損失になる前に、強制的に取引が清算されるんですけど、
高いレバレッジをかけると、利益率が上昇すると同時に、
リスクも増えるということは忘れずに!






Copyright (C) 2008 初心者にもわかるFX 外国為替証拠金取引 スワップ金利生活 All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO