初心者にもわかるFX(外国為替証拠金取引)スワップ金利生活

初心者にもわかるFX
(外国為替証拠金取引)
スワップ金利生活




FXスワップ金利生活 TOPページ > スワップ金利とは

スワップ金利とは

スワップ金利とは、金利の低い通貨で、金利の高い通貨を買っている場合に発生します。

FXの魅力の一つでもある、金利差収入のことです。
FXでは、この金利差収入のことをスワップ金利(スワップポイント)と呼びますが、
このスワップ金利が大きな収入源になるんです!

たとえば、2007年8月現在、米国の金利が5%、日本の金利が0.5%という状況で、
円を売って米ドルを買った場合、

 【米ドル5%】 − 【円0.5%】 = 4.5% となるので、

4.5%のスワップ金利(金利差収入)が得られるということになります。

取引通貨の組み合わせは、米ドルと日本円以外にもあるので、
金利が8%のニュージーランドドルと、金利が0.5%日本円(2007年8月現在)の組み合わせで、
取引をした場合は、

 【NZドル8%】 − 【円0.5%】 = 7.5%

スワップ金利(金利差収入)は7.5%も得られるということになります。

この、スワップ金利(金利差収入)は、
外貨を保有している期間、毎日受取ることができるんです。


1日のスワップ金利(金利差収入)を、365倍すれば、
1年で受取れる金利差収入がわかります。

ちなみに、我が家の場合は、
約3,000円/日(2008年8月現在)のスワップ金利を得ています。
1日で3,000円の金利ってすごいと思いませんか?
ただ銀行に預けているだけじゃ、絶対に受取れない金額です。

短期売買による為替差益で儲ける方法もありますが、為替の動きは予測が難しいので、
我が家の場合は、長期投資による金利差収入で勝負しています!
為替差益のように、一日で大きく儲けることはできませんが、
一日で大きく損をすることもありません。

継続的にスワップ金利(金利差収入)を確保していくほうが安全かなぁ・・・と、
個人的には思います。






Copyright (C) 2008 初心者にもわかるFX 外国為替証拠金取引 スワップ金利生活 All Rights Reserved.
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO